ChallengeHub Logo

学生が使うChallengeHub

学生に使いやすく

学生が簡単に登録

学生が登録する際には電子メール、もしくはLINEのようなSNSを使います。教師はメールアドレスと登録コードを共有し、その後はChallengeBotに任せます。

ChallengeHubが初めての学生は、ChallengeBotが手助けをします。学生が簡単にChallengeBotを追加できるQRコードも、教師に共有できます。

教師が有効にするコースへの登録

わかりやすくて使いやすい

電子メールがもっとも柔軟で万人に対応できますが、SNSが多くの学生にとって身近で使いやすい環境であるかもしれません。

簡潔な指示をメールの件名やChallengeBotとのトークに入力するだけなので、学生はコース中の自分の進捗を簡単に管理できます。

そしてChallengeBotはヨーロッパとアジアの複数の言語でやりとりできるため、現代の多様性ある教室にも対応できます。

メールでChallengeBotとやりとりする学生

効率的に教えて、効率的に勉強する

人数の多い教室では、学生が教師と個別に話す機会が少ないですが、ChallengeBotは一人一人に対応します。

基本的なコース管理の他に、ChallengeBotは進捗についての詳細情報と回答の正誤を学生に提供し、教師もリアルタイムで確認が可能です。

LINEを使ってChalengeBotとやりとりする学生

まずはこちらから